恋都祭

  • 2019.11.03 Sunday
  • 12:57

数十年ぶりに恋都祭に行ってきました。

母校って、やっぱり良いですね(^o^)

とても懐かしく、あたたかい気持ちになりました。


令和初めての季節弁当ということで、テーマは、「万葉巡り」でした。本当によく考えてあり、とても美味しかったです。数十年経っても、季節弁当があったことに、とても嬉しく思いました。


母校を訪れるのも良いなぁとしみじみ思いました。



令和初めてのもより会

  • 2019.06.09 Sunday
  • 15:55

 今日、令和初めてのもより会を開催しました。天気にも恵まれ、11名の方が参加して下さいました。



 

 新元号「令和」の典拠となった歌碑のある いなみ野万葉の森に散策に行きました。





 いなみ野万葉の森内にある憩いの館で、お抹茶を頂き、自己紹介や近況報告など楽しくお話をして過ごし、その後散策に出発しました。




「令和」の出典は、万葉集巻5の一節で、梅見をする宴会で詠まれた32首の和歌の前にある漢文の序文から取られ、歌人の大伴旅人(おおとものたびと)の漢文とされています。


 とても楽しいひとときでした。


 また、次回のもより会で、元気にお会いしましょうね!とお約束して、解散しました。


もより会

  • 2019.04.14 Sunday
  • 18:57

令和元年のもより会の開催が決定しました。

日時:令和元年6月9日(日)10:00〜12:00

場所:稲美町立万葉の森

 万葉集に出てくる草木花が植えられ、また句碑が添えられている園内を散策し、令和の句碑を見つけてみてはいかがでしょう‼️
 憩いの館でお茶タイムの後、近くのかうらい屋で各自お好きなメニューで昼食をとります。後、自由解散とします。
 

もより会を開催しました!

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 21:00

39日(土)、もより会開催日! 朝から良い天気!!

担当は高砂地区メンバーです。昨年新しく整備された工楽邸(工楽松右衛門注1旧宅)や、申義堂を中心に高砂町内を散策する計画です。

 

1015分、工楽邸前で待ち合わせ。総勢6名(幹事数名含む)。

高砂市観光ボランティアガイドさんとも待ち合わせです。5名のボランティアガイドさんが来てくださいました。少し緊張するけれども、ありがたいことです。

 高砂観光協会の方に作成頂いた計画に基づき、まず工楽邸見学へ、ゴー!!

 ガイドさんが「時間があまりないから、最初の説明ビデオは省略して・・」と話されましたが、「見たい!」の一声で、入口すぐ左の庭蔵跡で10分程度の説明ビデオを拝見しました。(時間が心配・・)

 

工楽邸正面入口  入ってすぐ左が庭蔵です。

 

 その後、館長さんに、裏まで続く広い吹抜けの通路や、大きなおくどさんとか竜山石製大井戸がある台所、畳8枚なのになぜか「9畳の間」等を案内して頂きました。

 吹抜け通路から見上げると、高〜い天井、太い天然木の梁と複雑な縦横の柱、高く吊り上げられた仕切戸、壁が無く中が丸見えの2階使用人部屋が見え、ゾクッとするほど圧巻でした。

https://kurakutei.wixsite.com/kuraku/sansaku 

8畳のお座敷では、千和先生が水引細工を教えておられました。この日のために、先生の制作された宝船や松、ユリの花、ネックレスなどの水引細工をお持ち頂き、展示して頂きました。

水引細工の宝船 煌びやかですね!
       ユリの花 清楚ながら華やか! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネックレス  なんと、水引でできています。

 

 他にも金庫のような複雑な据付箪笥や松右衛門帆のレプリカ等々、興味深いものが多く、見学時間がかなり延びてしまいました。 

 ガイドさんは早く次へ進まれたいようでしたが、「2階も見たい!すぐ見てくる!」との声がし、慌てて2階へ。けれども・・・、夢中になると時間は忘れ去られるもの。2階の10畳の間からは堀川周辺を一望でき、江戸時代のこの辺りのジオラマもあります。当時を想いながら館長さんの説明に質問が飛びかい、なかなか見終わりません。ついに「時間ですよ!」と促され、やっと1階へ。ガイドさんは焦りを通り越されたようで「自由にしていいですよ。」とのこと。(ホントにスミマセン。)

 次は高砂神社。ご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)素盞嗚命(すさのうのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の三神様とのこと。縁結びで有名な「相生の松」の葉に触れ、葉がしっかりしている黒松(雄株)と、柔らかい赤松(雌株)からなっていることも教えて頂きました。確かに赤松の方は小さな松ぼっくりをたくさんつけていました。長く高砂に住んでいても知らないことばかりだな〜と妙に感じ入りました。

 さあ、急いで申義堂へ!途中、遠くに明治時代の西洋館 魚町倶楽部の屋根を見つけ、三連蔵の前で写真を撮り、古い銭湯 梅が枝湯について話を聞きました。

 申義堂は姫路藩家老 河合寸翁の意見によって設立された町民子弟の為の教育施設です。皆で当時の関係者や美濃部親子の説明を見て感心したり、正面階段前でボランティアさんと一緒に記念写真を撮っているうちに、待ちに待ったランチタイムとなりました!  

 近くの銀座商店街にある「そら豆」で穴子せいろと茶そばを頂きながらおしゃべりしていると、あっという間に解散の時間になってしまいました。皆様個性的で面白く、楽しいひと時をすごすことができました。

 

最後になりましたが、

ボランティアガイドの皆様、興味深く、面白いご説明を伺うことができ、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。色々ご面倒をおかけしたにもかかわらず、快くご案内下さり、どうも有難うございました!!!

 

[注1:工楽松右衛門は寛保3年に高砂に生まれ、幕府の命により、択捉島や函館、高砂港、広島県鞆の津の港構築や改修等に尽力し、優れた能力を発揮すると共に、従来の破れやすい帆を改良して丈夫で耐久性のある松右衛門帆を生産し、帆走技術を飛躍的に向上させた。さらに、工事に応じて必要な工作船も多数発明し、「世間のために役立つことをせずに、一生を過ごすのは動物にも劣る。」と、無欲で世のためになることに生涯を通じて心血を注いだ。]

 

続きを読む >>

佐保会もより会の案内

  • 2019.01.31 Thursday
  • 22:08
厳しい寒さの中にも福寿草が微笑む頃になりました。皆様、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
さて、2018年度のもより会を下記の要領で開きますので、ぜひご参加下さい。

内容: 高砂町歴史散歩パート & 昼食
        パート (H17年度実施)以降に新たに整備された歴史的スポットを中心に散策致します。

日時: 2019年3月9日(土)10:00〜

集合: アルカ前駐車場(添付地図参照)       
       ※JR宝殿駅に来られる方は、駅南バス停前に9時半にお迎えに参ります。

会費: 約2000円

たくさんの御参加をお待ちしております。

参加しようと思われる方、質問などございましたら、下記までお電話下さい。
                            塩谷   079-447-2504   
                            目加田 079-432-4347

   


もより会の打ち合わせ

  • 2018.12.02 Sunday
  • 14:28

2018.12.2 

 

今年度の担当地区は高砂です。

今日は代表のお二人の方と一緒に、地区リーダーをさせていただいている私たち二人で打ち合わせをしました。

お話を伺うと、来年3月に「高砂市内探訪 第2弾」を企画中とのこと。

今から、楽しみです。詳細は後日、ご連絡が会員それぞれにあります。

もちろん、このブログでもご案内しますね。

滋賀へ

  • 2018.11.18 Sunday
  • 13:05

ラコリーナ近江八幡へ行ってきました。

次に、岩間寺へ‼️

紅葉がとてもきれいでした。

秋のお彼岸

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 12:30

赤や白の彼岸花が咲きました。極楽鳥花とのコントラストがきれいでした。

もより会

  • 2018.09.08 Saturday
  • 16:15

昨年(2017,10,18)のもより会の様子です。

自分の好きな石を選んで、腕輪(ブレスレット)を作りました。

地区だより開設

  • 2018.09.08 Saturday
  • 10:59
ブログ開設しました。
これからどうぞよろしくお願いします。



PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM